島田高志郎のコーチはオリンピック銀メダリスト!4ヶ国語を話すイケメンスケーター!

島田高志郎のコーチ画像

メキメキと実力を伸ばしているフィギュアスケートの島田高志郎さん。

島田高志郎さんのコーチは2006年トリノオリンピックの銀メダリストです。

島田高志郎さんは、コーチの指導を受けたくて単身でスイスに行っています。

それほどの実力と信用があるコーチなんですね。

今回は、そんな島田高志郎さんのコーチについて深掘りしていきます。

島田高志郎のコーチはステファンランビエール

島田高志郎とコーチの画像

島田高志郎さんのコーチは、スイス出身のステファン・ランビエールさんです。

名前:ステファン・ランビエール

出身国:スイス

生年月日:1985年4月2日

身長:177cm

 

島田高志郎さんのコーチは、スイスのマルティニで生まれ、幼少期はサクソンですごしています。

みんなが顔見知りの小さな村だったそう。

ランビエールさんの応援には、カウベルを持った応援団が50人ほど集まっていたんだとか。

ランビエールさんのの父親はアルプス出身。

母親は、ポルトガル出身です。

そのためランビエールさんは、フランス語、ドイツ語、英語、ポルトガル語を流暢に話せます

さらにイタリア語と日本語も学んでるそうです。

ランビエールは五輪銀メダリスト

島田高志郎のコーチがメダルをとった画像

島田高志郎さんのコーチは、フィギュア男子シングルのスケーターとして華々しい成績を残しています。

2006年のトリノオリンピックでは、銀メダルを獲得しています。

島田高志郎さんのコーチは、スピンと芸術面で高く評価されていました。

特にスピンは、世界一と評されるほどの腕前です。

島田高志郎さんのコーチのメダルを取った大会の一覧はこちら。

  • 2005年:モスクワ世界選手権    金メダル
  •       東京グランプリファイナル 金メダル
  • 2006年:カルガリー世界選手権   金メダル
  •       トリノオリンピック    銀メダル
  •           リヨン欧州選手権     銀メダル
  • 2007年:トリノグランプリファイナル 銀メダル
  •               東京世界選手権      銅メダル
  • 2008年:ザグレブ欧州選手権    銀メダル
  • 2010年:タリン欧州選手権     銀メダル

 

島田高志郎さんのコーチは、2008年に一度引退を表明しています。

原因は、左足の怪我。

その後はプロスケーターとして活動していました。

島田高志郎のコーチのスケート画像

2009年に、治療によって左足が回復したことから再び大会に戻ってきます。

2010年のバンクーバーオリンピックを目指すために戻ってきたランビエールさん。

オリンピック出場権獲得のために出場したネーベルホルン杯で優勝

スイス選手権優勝

欧州選手権は2位でした。

めちゃくちゃすごいですよね。

約1年ではあったものの、競技のための本格的な練習から離れていた島田高志郎さんのコーチ。

なのに次々と大会で優勝し、オリンピックの出場権を獲得しました。

2010年のバンクーバーオリンピックでは、3位の高橋大輔さんに敗れ惜しくも4位。

それでも、過酷な練習を積んでいる様々なオリンピック選手の中で4位の成績は凄すぎです。

しかも、島田高志郎さんのコーチは、この大会のSPで、史上初の成績を残しています。

男子シングル史上初の演技構成点9点台を出しているのです。

とても1年のブランクがあったとは思えませんね。

島田高志郎はランビエール求めてスイスへ

島田高志郎の画像

島田高志郎さんは、15歳で単身スイスに渡っています。

その理由は、ステファン・ランビエールコーチの指導を受けたかったから。

ランビエールさんがスイスで開講している学校に入りたかったという島田高志郎さん。

たった15歳で単身で海外に行くと決断できるのもすごいですよね。

現在は語学堪能な島田高志郎さん。

まだ英語が話せなかった時は、ひたすら「I love you.」とコーチに伝えていたそう。

それだけ島田高志郎さんはコーチの素で学びたかったんですね。

島田高志郎さんは、コーチの指導で4回転ジャンプを身につけました

持ち前の手足の長さを生かしての表現力にも磨きがかかっています。

島田高志郎さんとコーチは深い信頼関係にあります。

島田高志郎さんは、

(コーチとの)意見や感覚が似てきた

 

といっています。

振り付けをするときも、サクサク進むんだそう。

ランビエル・コーチとの信頼関係は日々深まっている。「振り付けをするときもサクサク進むというか、二人の意見、感覚が似てきたんじゃないかと思います。最近、ステファンの誕生日(4月2日)に『おめでとう』という言葉をかけたら。『演技動画を見たけれどすごく成長しているね、ありがとう』と逆にお祝いされちゃって。ステファンから成長面を言われたのがすごくうれしかったですね」。周りから見るとほほえましいひとときだったという。

引用元:4years.

コーチも島田高志郎さんがうまくできたところをしっかり褒めてくれるようですね。

現在島田高志郎さんは、コーチを父のように慕っているそうです。

島田高志郎のコーチは日本選手と仲良し

島田高志郎のコーチと日本選手の画像

島田高志郎さんのコーチ、ステファン・ランビエールさんは日本のスケーターとも仲良しです。

数々の大会に出場している島田高志郎さんのコーチ。

日本の有名スケーターとの画像もたくさんありました。

特に、現役時代に幾度もメダルを争った高橋大輔さん、織田信成さんとは親友のようです。

島田高志郎のコーチと高橋大輔画像

島田高志郎のコーチと織田信成画像

羽生結弦さんとの画像もありました。

島田高志郎のコーチと羽生結弦の画像

島田高志郎さんのコーチは宇野昌磨さんのコーチもしています

一度は引退も考えていた宇野昌磨さん。

そんな彼にもう一度スケートの楽しさを教えたのは、ランビエールコーチでした。

日本選手の合宿で特別コーチを務めたこともあるランビエールさん。

そのため、世代を超えて日本人スケーターと仲良しです。

日本選手のお兄さん的存在のようですね。

島田高志郎のコーチは日本が大好き

島田高志郎とコーチと宇野昌磨の画像

島田高志郎さんのコーチは、大の日本好き

コロナ禍で日本にいけないコーチはとても寂しいそう。

例年では、オフシーズンをほとんど日本で過ごしている島田高志郎さんのコーチ。

日本で過ごす時間は人生の一部

 

と言っている島田高志郎さんのコーチは、ホームシックを感じているようです。

そんなコーチのために、宇野昌磨さんがスイスに戻る際にお米を持って行ってあげたんだとか。

何か必要なものはあるかと聞いた宇野昌磨さんにコーチがお米を頼みました。

宇野昌磨さんは、コーチのために5キロものお米を持ってきてくれたそうです。

お米が好きだなんて島田高志郎さんのコーチは日本人のようですね。

次に日本に来た時は、温泉や食事、買い物とやりたいことがたくさんあるそうです。

島田高志郎さんのコーチは、本当に日本が大好きなんですね。

まとめ

島田高志郎のコーチの画像

島田高志郎さんのコーチ、ステファン・ランビエールさんは、トリノ五輪銀メダリストです。

その他数々の大会でもメダルを獲得している実力者。

現在もアイスショーなど精力的に活動しています。

そんなコーチを慕って島田高志郎さんはスイスに渡り練習に励んでいます。

島田高志郎さんとコーチは強い絆で結ばれている様子。

そんな信頼のあるコーチの元、成長している島田高志郎さんの今後の活躍が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。