BTSにメンバー間格差がある理由は?歌パートの振分け方やビジュアルが原因?

BTSに人気格差がある理由は?画像

世界的に知名度のある男性グループBTS。

BTSのメンバー内で人気格差があると言われています。

BTSとコラボした商品は、不人気メンバーのが毎回売れ残るんだとか。

どのグループでも多少の人気格差はありますよね。

でもBTSはかなりあからさまな格差のようです。

そこで今回は、BTSのメンバーの間に格差がある理由について調査してみました。

BTSにメンバー間格差がある?

BTSに人気格差がある理由は?画像

世界的に活躍しているBTS。

そんなBTSにメンバーのメンバー間格差があるようです。

ツイッターには、2020年3月1日公式ファンクラブが集計したデータがありました。

メンバーそれぞれの写真や商品がどのくらい売れたのかというものです。

BTS人気ランキング画像

Vさんが、トータルセールス24Mで圧倒的に多いですよね。

最下位のRMさんの2.2Mと比べると、なんと12倍

BTSの人気は、かなり格差があることがわかりますね。

不人気メンバーのグッズは売れ残る

BTSに人気格差がある理由は?画像

不人気なメンバーのグッズは売れ残ることが多いです。

しかも、売れ残りはいつも同じメンバー

BTSは、様々な商品とコラボしています。

2021年6月1日からファミマで販売しているBTSのラテ商品。

BTSとファミマのコラボラテ画像

店舗によっては、同じメンバーが常に売れ残る状態のようです。

ツイッターで売れ残っているとよく言われているのは、RMさん、SUGAさん、JHOPEさんの3人

推しが売れ残っていたらちょっと寂しいですよね。

【2021年最新】BTSの人気ランキング

BTSに人気格差がある理由は?画像

商品が売れ残っているメンバーは、不人気なメンバーなのでしょうか?

ここで、2021年最新のBTS人気ランキングを見てみましょう。

*ここでのランキングは、「みんなのランキング」を参考にしています。

  • 1位 V
  • 2位 JUNG KOOK
  • 3位 JIMIN
  • 4位 JIN
  • 5位 SUGA
  • 6位 J-HOPE
  • 7位 RM

 

また、海外のランキングサイト「Ranker」での2020年のランキングはこちら。

  • 1位 V
  • 2位 JIMIN
  • 3位 JUNG KOOK
  • 4位 SUGA
  • 5位 JIN
  • 6位 J-HOPE
  • 7位 RM

 

ほぼ順位に変動がないのがわかりますよね。

コラボ商品の売れ残りメンバーも、2021年の人気ランキングとマッチしています

BTSに人気格差がある理由

BTSに人気格差がある理由は?画像

どのアイドルグループにも不人気なメンバーはいますよね。

でも、BTSは商品の売れ残りがあからさまだったりツイートも人気メンバーに偏りがちです。

なぜBTSは人気格差があると言われているのでしょうか?

その理由は、3つあります。

  1. ボーカルにスポットが当たりがち
  2. 歌のパート振り分けの格差
  3. ビジュアルの格差

 

1つずつみていきましょう。

①ボーカルにスポットが当たりがち

ボーカルライン画像

BTSに人気格差があると言われる理由の1つはボーカルにスポットが当たりがちなこと。

テレビ番組などでは特に、歌っている人が主にカメラに映りますよね。

BTSは、ボーカルラインという主にボーカルを担当する4人がいます。

Vさん、JINさん、JIMINさん、JUNG KOOKさんの4人です。

人気メンバー上位の4人ですね。

BTSボーカルライン画像

BTSは、パフォーマンスも魅力ですが、歌唱力が高いことでも有名です。

ボーカルラインのそれぞれが得意の音域があることも特徴で魅力ですね。

ボーカルラインだけの曲も確認できた限りでは9曲ありました

BTSの声や歌唱力に惹かれてファンになる人も多いようです。

どうしてもボーカルラインにスポットが当たりがちなのがBTSの人気格差の一因かもしれません。

②歌のパート振り分けも格差あり?

BTSグクの画像

BTSは、歌のパートの振り分けにも格差があると言われています。

BTSの代表曲、DYNAMITEに関しては、ほぼ JUNG KOOKさんが歌っているようです。

BTSの曲の歌割り画像

ちょっとあからさますぎてびっくりですね。

歌のパート格差もメンバー間格差につながっていそうです。

③ビジュアルの良さが人気の秘密?

BTSに人気格差がある理由は?画像

ビジュアルも人気に格差がある要因の1つかもしれません。

2020年、2021年ともに一番人気だったVさん。

2017年に「世界で最もハンサムな顔100人」で1位になっています。

以降2020年までなんと4年連続でトップ5入り

アーモンド型の大きい目に惹きつけられますよね。

JUNG KOOKさんは、2019年の「世界で最もハンサムな顔100人」で1位になりました。

JUNG KOOKさんは可愛い系のイケメンですよね。

BTSに人気格差がある理由は?画像

2020年のランキングでは、JIMINさん17位、JINさんが39位にランクイン。

そしてJUNG KOOKさんは4位に入っています。

2021年のBTS人気ランキングの上位4人と同じメンバーがランクインしています。

やはりイケメンは強いですね。

不人気メンバーの共通点

BTSに人気格差がある理由は?画像

不人気なメンバーの共通点は2つあります。

  1. 年上メンバー
  2. 才能豊かで個性的

 

こちらも1つずつみていきましょう。

①年上メンバー

BTSに人気格差がある理由は?画像

ランキングの下位4人は上位3人よりみんな年上です。

2021年の年齢は、ランキング順に並べると下記になります。

  • 1位 V       25歳
  • 2位 JUNG KOOK   24歳
  • 3位 JIMIN     25歳
  • 4位 JIN      28歳
  • 5位 SUGA      28歳
  • 6位 J-HOPE    27歳
  • 7位 RM      27歳

 

ツイッターを見ると、年下メンバーに対しては「可愛い」という声がたくさんありました。

ファンの中には、年下メンバーの可愛さに惹かれている人も多いよう。

年上だから不人気というより、年下メンバーの人気が高すぎる感じですね。

②才能豊かで個性的

不人気なメンバーの共通点の2つ目は、みんな才能豊かなこと。

RMさんはチームのリーダーで頭がキレる秀才です。

RMの画像

RMさんは英語、日本語、韓国語を操ります。

海外のインタビューで答えるのは常にRMさんの役割

RMさんがいるから、BTSは海外でも成功しているとも言われています。

J-HOPEさんとSUGAさんは作詞・作曲もしています

JHOPEの画像

歌・パフォーマンスに加えてクリエイティブな面もあるのが魅力です。

作曲者兼プロデューサーとして、SUGAさんが製作したBTSの曲もあります。

sugaの画像

才能豊かでそれぞれが強みを持っているメンバーが集まっているBTS。

そんなBTSだからこそ、世界的に活躍しているのですね。